PR

【後編】ぴょん吉はじめての催眠療法!前前前世は宇宙人

恋愛と婚活
当サイトは広告が含まれています

マッチングアプリの人の音信不通に
メンヘラを炸裂させた結果

自分を知るために
ヒプノセラピー(催眠療法)を
受けたお話の続きだよ

前編はこちら
【前編】ぴょん吉はじめての催眠療法!前前前世は宇宙人

ぴょん吉が受けたQHHTという
ヒプノセラピーは2部構成になっていて

1部は過去世(前世や前々世)を知る
2部は自分の中の深層心理(潜在意識)に
質問するというものだった

今回のブログでは1部について書いたよ🐰🪄

2部も後で読んでね!
答えは自分の中にあり?我は全知全能のぴょん吉なり

⭐︎

ぴょん吉は科学的で論理的なやつで
占いも幽霊も魂の生まれ変わりも
このときは信じていなかったんだけど

前世が分かるって何それ?
面白い!って好奇心で跳びついた🐇笑

過去世での後悔や、やり残したことが
現世で問題として繰り返されていて
過去世を知ることが
悩みの解消につながったりするんだって

(ぴょん吉のメンヘラは過去世に関係が?🙄)

Googleさんで前世療法を受けた人の情報を
事前にリサーチした結果

前世はヨーロッパの僧侶でしたとか
ポリネシアの漁師でしたとか
なかなか面白かった

ぴょん吉は、自分の前世は
ディズニープリンセスがいいなと思い

RADWIMPSの前前前世を聴きながら
王子がぴょん吉を探してるに違いないと
わくわくして当日を待ったのだった

⭐︎

ヒプノセラピー当日

癒し系の音楽が流れる中
ベットに横になり
目を瞑ってリラックスする

少しぼーっとし始めたところで
カウンセラーさんが過去世へと誘導する

※本当はプラクティショナーと
言うけど長いのでカウンセラーと書く

🙍‍♀️「ぴょん吉さんの目の前には、雲が浮かぶ広い空が広がっています」「どんな空が思い浮かびましたか?」

🐰「快晴の青空が思い浮かびます」

こんな感じで会話をしながら
ぴょん吉の頭の中のイメージを
共有していく

🙍‍♀️「雲が一つ、ぴょん吉さんの目の前まで降りてきます」「雲はぴょん吉さんをふわっと包み込んで、空高くまで連れて行きます」

🐰「はい雲が降りてきました」「雲に乗りました」

🙍‍♀️「少しの間、雲に乗って空の高いところをプカプカしていると、雲はゆっくりと地上へと降りて行きます。そこがぴょん吉さんの過去世です」

カウンセラーさんが誘導を続ける中
ぴょん吉は冷や汗をかいていた

ぴょん吉が乗った雲は
カウンセラーの誘導をガン無視して
ぴょん吉の身体を繭のように
ガッチリと包み込み

ロケット発射のような勢いで地球を離れ
宇宙へと飛び出していたのだ

(ああどうしてこんなことに🥹)

ぴょん吉が正直に
雲が宇宙に打ち上がったことを伝えると
カウンセラーさんは
動揺せずに誘導を切り替えてくれた

(後日カウンセラーさんに聞いたところ、
雲が宇宙に行くやつなんていないので
大パニックだったそうです🙄そーりー)

誘導に従って辿り着いた先は
グランドキャニオンのような
断崖絶壁の大地だった

🙍‍♀️「ここはどこだと思いますか?」

🐰「火星です」

無意識に火星と答えていた

🙍‍♀️「いまどんな気持ちですか?」

🐰「感情は、、、ないです」

🙍‍♀️「どんな姿ですか?」

🐰「なんかカエルのようなアメーバのような、、、」「火星人だと思います」

🙍‍♀️「他に誰かいますか?」

🐰「生命の気配は感じられません」
(というかぴょん吉自身が未確認生命体🥹)

過去世でのやり残しや後悔を探るためにも
“どんな気持ちか?”を聞く質問を
何度かしてくれるのだけど
何の感情も出てこなかった

誘導に従って火星をウロウロすると
オモチャのような宇宙船が見つかった

🙍‍♀️「宇宙船は乗れそうですか?」

宇宙船に乗り込むぴょん吉

🐰「宇宙船が火星を離れました」

しばらくすると、地球が見えて来て
ぴょん吉は宇宙船から放り出され
大気圏を通り海に落ちた

海に落ちるまでの間に自分の身体が
アメーバから赤ちゃん、人間の大人に
変わっていくのがわかった

ああ、次は人間だぁ🥹
過去世の後悔が見つかるかなぁ?
ぴょん吉は安心した

🙍‍♀️「ぴょん吉さんはどんな姿ですか?」

🐰「髪が長くて、えと、、、ターザンみたいな?ちょっとワイルドな男性で、槍みたいな武器を持っています」(あんまり嬉しくない🥹)

🙍‍♀️「自分が何者かわかりますか?」

🐰「ポセイドンです」

またまた無意識に名乗ったのは
人間ではなく、神話に出てくる
海の神ポセイドンだった笑笑笑

🙍‍♀️「いつも海で何をしているんですか?」

🐰「パトロール」

🙍‍♀️「何から海を守ってるんですか?」

🐰「赤潮です」

現世のぴょん吉では
解決してあげれそうもない
壮大な悩みだった🥹

ポセイドンは宇宙に縁があるのか
望遠鏡で宇宙を観察したり
海の中をパトロールしていた

パトロール中に大きなサメと遭遇し
飲み込まれたと思いきや
サメと一体化して海を泳ぎ出し
意味不明だった

ちょっともう、どうにもならないので
カウンセラーさんが場面を変えようと
必死で誘導する

🙍‍♀️「それではあなたにとって重要な日に移動しましょう」

🐰「サメのままでいいですか?」

🙍‍♀️「サメの中にあなたはいるんですよね?」

🐰「そうです。サメの方が移動が早いので」

日常ではあり得ない会話なのに
笑わずに続けたカウンセラーさんには
リスペクトしかない

ぴょん吉が最後に見た過去世は
遊郭のような華やかさと
闇が混じった夜の街で

遊女?と思われる
着物を着た無表情でうつむきがちの
女性が何人かいた

女性たちとは反対に
男性は楽しそうに街を歩いていて
街は柵によって外の世界と遮断されている

ぴょん吉はその様子を懸念している
蛍くらいの大きさの光の玉だった
(またしても人間ではなかった🥹)

蛍の光ぴょん吉は
柵に掛かっている鍵をそっと外して
女性たちが外へ出れるようにした

女性たちは一列になって
逃げていくのだけど
途中で暗い森の中を
通らないといけないので

ぴょん吉は必死で道を
明るく照らして誘導していた

無表情の女性たちは
無事、開かれた外の世界へと
進んでいったのだった

⭐︎

これが、ぴょん吉はじめての
ヒプノセラピー体験だったんだけど

こんなにぶっ飛んだ過去世が
見れるやつはいないらしく
どうやらぴょん吉は
只者ではないらしい🙄

そして火星人だったり
海の神ポセイドンだったり
蛍くらいの光の玉だったり

感情がほとんどないことが
共通点だった

ぴょん吉は過去世で味わえなかった
感情とやらを味わうために
メンヘラをしていたのかも知れない🐰

本当に前世かどうかは置いといても
自分の深層心理を垣間見る
不思議で面白い体験だったし

女性を自由に導くのって
このブログを書きはじめたことにも
何かつながっているのかも🙄
そうだといいなーって思ったよ🐰

重ねて不思議なことに
この後、パンツを投げた彼から連絡が来た
(どうでもいい伏線回収である)

しかしその頃には次の男が登場していて
切り替えの早いぴょん吉であった🐰
(こちらの事件の人です)
ぴょん吉、偽物のティファニーの指輪でプロポーズされる



※この様子を録音して貰った音声(2時間)がスマホにあるんだけど、さすがに怪しすぎるので婚活の終了時に消去しようと思うぴょん吉である。忘れていたら誰か教えてくれい🥹

⭐︎


れっつごーぴょん吉❣️

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました